車検の予約方法について

車検の予約タイミングと方法は?

車を所有している人にとって、車検は大きな出費となります。また、車検が切れてしまうと車に乗ることができず困ってしまいます。では、車検の予約はいつ頃するべきなのか、そしてその方法についてご紹介します。

車検の予約タイミングはいつ?

車検は、新車の場合は登録日から3年後、新車以外の場合は2年ごとに受けるのが決まりとなっています。車検は車検満了日の1ヶ月前から受けることが可能です。車検満了日は車に搭載されている車検証に記載されていますので、確認してみてください。
そこで、車検の予約をするタイミングとしては、車検満了日の1ヶ月前から始めるのが良いでしょう。予約を入れる前に、ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店、民間整備工場など様々なところに見積もりを取るのがオススメです。見積価格が異なることにびっくりするかもしれません。
車検は、どの施設に依頼するとしても整備工場を利用することとなりますので、1週間くらい前になると予約が取れなくなることもあるので、早めの予約がオススメです。

予約する方法

車検の予約方法は、どこに車検を依頼するかで異なってきますが、もしディーラーにて車検を行うのであれば、ディーラーに電話をして予約をすると良いでしょう。もし、ディーラーにて車を購入したのであれば、車検のタイミングにてディーラーから電話がかかってくることが多いです。
また、ガソリンスタンドやカー用品店などは給油や買い物に行った時に店員に相談してみると良いでしょう。車検を扱っているガソリンスタンドであれば、その場で予約が可能です。
その他、車検代行業者や民間整備工場などは、インターネットでの予約が主流になりつつあります。画面の指示に従って指示通りに入力するだけで予約がか可能です。
多くの業者では、車検を受けたい日の1週間から2週間前くらいから予約を開始しています。

ユーザー車検にて予約する方法

車検を最も安く済ませる方法として「ユーザー車検」があります。ユーザー車検を受ける場合も予約が必要です。予約するには、インターネットを利用して「自動車検査インターネット予約システム」にアクセスすると、全国の陸運局の車検の予約を取ることができます。軽自動車の場合は「軽自動車検査予約システム」というサイトがありますので、こちらを利用することとなります。
「自動車検査インターネット予約システム」を利用するには、IDとパスワードを取得する必要があります。これらは忘れないように大切にどこかにメモしておきましょう。
初期登録時に車両情報などを登録しますが、もし間違えた場合などは細かい変更は行えず、一度取り消して再入力となるため、なるべく間違いのないように慎重に入力する必要があります。