車検の予約に便利な大型カー用品店の説明

車検の予約なら大型カー用品店がおすすめ

車検の時期がやってくると、面倒なのが予約や見積もりです。購入したディーラーやクルマの整備工場が周辺にある場合には便利ですが、それが無い場合や、あっても交通アクセスが悪かったり、サービス時間に制限があるとやはり不便。そこでスムーズ快適に予約や見積もりの可能な方法を紹介します。

車検の予約や見積もりはスピーディで便利なWEBで

車検は法律によってクルマの所有者に義務付けられている車両検査です。法律で定められた一定の期間が到来すれば、必ず検査を受けなければなりません。その際に、住んでいる場所の周辺に自動車整備工場やカーディーラーがあればいいですが、交通アクセスが悪かったり、店舗のサービス時間に制限があるなど、何かと不自由な場合があります。
そこでおすすめなのが、カー用品の大型チェーン店のWEB予約です。決められたフォームに入力するだけで、簡単スピーディに予約が完了。おまけに見積もりや相談まで受け付けているので、予算額や疑問点なども車検を受ける前に解消することができます。また大型チェーン店なので、クルマ部品の品揃えの豊富さや良質なクオリティ、コストの安さも魅力的です。

WEBでの予約や見積もりの手順はこんな感じ

WEBでの車検の予約や見積もりについては、企業や店舗によって異なりますが、大まかには流れは一緒です。
まず希望する企業や店舗のサイトからWEB予約・見積もり・相談等の画面へアクセスします。次に予約・見積もり登録フォームへ、クルマのメーカー名や車種、年式、走行距離など必要事項を打ち込んで送信。その後は企業や店舗にもよりますが、予約完了や見積もり結果の画面が現れます。あるいはメールや電話などで、折り返し直接連絡が来る場合もあります。この際には、疑問点や相談したいことなどを言っておくと、後々のトラブルを防ぐことができます。
なおWEB予約と見積もりが一体型の場合、走行距離やメンテナンス状況によっては、WEB見積もりの他に追加整備費用が掛かる場合もあるので注意が必要です。

車検を受ける前に最低限準備しておく書類とは

初めてクルマを所有した方にとって、車検を予約してから入庫までの準備については詳しくないかもしれません。そこで、入庫当日までにそろえておく書類をここで説明します。
まずは「自動車検査証」。これはクルマの所有者を明示し、保安基準に適合したクルマであることを証明する重要な公文書です。通称では「車検証」と呼ばれるものです。入庫の際には、車検証の使用者の印鑑も必要になります。
その次は「自動車損害賠償責任保険証明書」、いわゆる自賠責保険の証書です。自賠責保険は自動車を所有する全ての者に対して、法的に加入が義務付けられているものです。さらに併せて必要なのが「自動車納税証明書」。自動車税の納税が正しく行われているクルマであることを証明します。
これらが入庫当日までに必要最低限そろえておくべき書類関係なので覚えておきましょう。