ユーザー車検の予約に必要な書類と費用

予約するだけで費用を抑えることができる車検とは?

安全に車に乗り続けるには車検が必要です。仕事に追われ忙しい日々を過ごしているとうっかり忘れがちになったり、予約の煩わしさから、なかなか車検を受けるに至らないこともあるでしょう。また費用がかかるため億劫になることでしょう。ここでは簡単な予約だけで車検の費用を抑える方法ついてご紹介します。

幅広い車検の方法

車を公道で走らせるには2年に1回の車検は欠かせないものとなっています。万が一車検を受けずに車を運転しているのが発覚すれば無車検運行と無保険運行となり、法律違反として罰せられることになります。また重大な問題を抱えたまま車を走らせる恐れもあり、事故に繋がりかねません。車検とは国が定める保安基準に達しているかを確認する検査場であり、ブレーキや機能に問題が無いかを専門の検査機器を用いて検査します。車検はディーラーや民間の整備工場、ガソリンスタンドと様々な場所で受けることが可能です。しかし手軽な反面、代行手数料やテスター調整費用がかかってくるのでお世辞にも安い費用でできるとは言い難いものがあります。一方自分で車検を行うユーザー車検は自分で予約などの手続きを行わなければいけないものの、費用を抑えることができるのが魅力です。

ユーザー車検の予約に必要なものって何だろう?

ユーザー車検は予約を行う事で全国どこの運輸支局でも車検を受けることができます。まず車検を受ける前の下準備として必要書類を集める必要があります。必要書類には事前に用意しなければならない車検証や自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書と、当日に用意する必要がある自動車検査票や自動車重量税納付書、継続検査申告書があり、漏れのないようにしなければなりません。そして自ら予約する必要があるものの、インターネットで予約ができるため、隙間時間に簡単に申し込めます。また自ら車検の手続きを行うことで、車に対する安全意識を高めることにも繋がるのが特徴です。車検の知識を深めることで、自分に適した車検を選択することができます。

ユーザー車検の費用とは

車検の予約をする際に頭に入れておく必要があるのが費用です。車検の費用には税金や保険などの確定している法定費用と、点検整備料や車検代行料などの車の状態や選択する方法によって変動する費用が存在します。法定費用には自動車の区分や重量によって設定される自動車重量税があります。中でもエコカーは現在減税対象となっており、車の種類によって大きな違いがあるのが特徴です。そして自動車の持ち主が加入しなければならない保険の自賠責保険料があげられます。さらに運輸支局で車検を受ける際の手数料が必要不可欠です。手数料は自動車の種別によって異なっています。ユーザー車検を利用する際は若干の知識や準備が必要となってくるものの、代行にお願いするケースと比較して数万円もの費用を抑えることが期待できます。